ゲームを分析する(『成功する練習の法則』読書メモ vol.9)

f:id:keita_shimab:20180112220422j:plain

「塁に出たいならバットは振るな」というお話し。

 

↓こちらの本の42の法則のうち、9番目の法則。

『成功する練習の法則』最高の成果を引き出す42のルール

 (※42の法則(本の目次)は文末に記載)

 

この章で書かれていること3つ(本からまとめママ転記)。

データを使って、最高の成果をあげている人を見つける。

データを観察、分析して、最高の成果をあげている人に共通するスキルを見極める。

選び出したスキルを分析、記述して、習得したい人々に明確な地図を提供する。

 

....何か、分かるようで分からない。

 

「経験」より「研究」

「○○の経験が活きた」みたいなことをよく耳にするけれど、成功するには“成功している人を研究する”のが一番であると(未経験で転職した私に希望に溢れる御言葉)。

 

指導者の立場にあるのであれば、この「研究」が目も眩む大変な作業。

 

ばくっとは、、、、成功者を探す(「成功」の定義)→成功者を観察(見続ける)→成功している要素を因数分解→(複数の成功者に成功する)共通要素の抽出→視点の発見→検証①(これが本当に「勝つためのスキル」なのか?議論)→検証②(体験・実践を通して理解へ)→再現性を持たせるために組み替え→共有(教育)→相手ができるまで共有(教育)。

 

しんでも指導者にはなれないな..てか、大変すぎる。なりたくないw

 

バッティング練習とは何ぞや?

少し話しは各論だけれど、最初の「成功」に定義。「勝つためには何が必要か?」という話し。

例えば野球。「バッティング練習」と聞くと、じゃんじゃかバットを振り回したり、スイングをビデオにとってフォームチェックするイメージ。

 

でもそれは違う、と。

 

バットを振るのは出塁するため。「出塁率」という視点で見ると、ヒットをたくさん打つ選手よりも、打席で自制心を働かせてボール球を振らない選手の方が出塁率が高いのだと。

NBAオークランド・アスレチックスでは、バットを振り回すより、「ボール球でバットを振らないこと」(選球眼を鍛える)を指導していたとか。

 

ボール球にバットを振る確率がもっとも低いスコット・ハッテバーク選手曰く

  • ほぼすべての球を打てる能力
  • 「どうにかできる球」を知る能力
  • そうした球を見つける能力
  • どうにもできない球を見極めて避ける能力

これらを鍛えたとか。ふむー。

 

 

◆「成功する練習の法則」目次 ◆

① 練習の思い込みを見直そう
  1. 成功を体感できるものにする
  2.最大の価値を生む20%に集中して取り組む
  3.無意識にできるようになるまで徹底する
  4.無意識にできるようになれば、創造性が解き放たれる
  5.目的を目標に置き換える
  6.得意分野を見つけて磨きをかける
  7.実践練習ではなく反復練習でこそ上達する
  8.批評ではなく、正しい方法でやり直しを求める

② どんな練習にするか考えよう
  9.ゲームを分析する
 10.スキルを分離して個別に練習する
 11.スキルに名前をつけて共有する
 12.スキルを統合して練習を本番に近づける
 13.練習計画を立てて修正する
 14.1分1秒を大切にする

③ 手本を活用しよう
 15.手本と手順書の両方を使う
 16.事前にすべきことを伝える
 17.できそうと思わせる手本を示す
 18.完全な手本を示す
 19.手本をそのまままねさせる
 20.分解して手本を示し、繰り返す
 21.手本に近づく道筋を示す
 22.ビデオを活用する

④ フィードバックをしよう
 23.フィードバックを取り入れて練習する
 24.フィードバックをまず活用し、あとで考える
 25.フィードバックのループを短くする
 26.フィードバックの「ポジティブな力」を使う
 27.少数のポイントに集中する
 28.フィードバックを日常のことにする
 29.問題ではなく解決側を説明する
 30.フィードバックを定着させる

⑤ 練習できる組織を作ろう
 31.まちがいを練習の一部にする
 32.練習の障害を打ち破る
 33.練習を楽しくする
 34.全員が挑戦する
 35.仲間同士の責任感を強める
 36.練習のための人材を選ぶ
 37.仕事を褒める

⑥ 練習は終わらない
 38.できているかどうか観察する
 39.本番中には教えず、思い出させる
 40.練習について絶えず話し合う
 41.支援を要求のバランスをとる
 42.成功を計測する

 

Photo: https://pixabay.com/